RSS
 

Posts Tagged ‘キッチン’

キッチンからの動線

19 12月

我が家の新築住宅も完成して数か月が経ちます。この住宅で私がこだわったのはキッチンからの動線です。キッチンからの動線を重視することで家事効率に大きな影響を与えるのです。まずキッチンの隣にダイニングを設置しました。専業主婦である私は一日三度も食事の支度をしなければいけません。配膳の動線を意識しました。キッチンとダイニングを横に設けることで配膳は横への移動だけで、尚且つ動線が短いので配膳もよりスムーズになります。

キッチンの前にダイニングを設ける人も多いですが、ダイニングを前に設けることで配膳の動線も長くなり、通路の広さも確保しなければならず、回り込まなければいけないのでスムーズさに欠けるのです。食後の片付けもスムーズな動線を確保できます。またキッチンの横にダイニングを設けることで、子どもや旦那さんにとってもキッチンの存在をより身近に感じると思います。身近に感じることで配膳の準備や食後のお皿を下げたりと積極的にお手伝いをしてくれるようにもなると思います。母親としてはこのような目線でも間取りを考えるのです。

またダイニングとは逆の方向に洗面室を設けます。そうすることでキッチンの横に洗面室を設けられます。キッチンで家事をしながら、洗面室で別の家事を行うということは多いです。それだけにキッチンと洗面室の動線も短く、且つスムーズに行えるように配慮する必要があるのです。キッチンと洗面室も横にあることで家事の効率がグンと高まることでしょう。キッチンからの動線を考えて間取りを配置することで、家事への不満が減り、楽しみながら行えるようになるのです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in

 

LDKになって快適になりました

24 3月

  家をリフォームしました。

 以前のキッチンは壁に囲まれた閉鎖的な空間でした。作業するには必ず照明をつけないと暗くて、冷たいお茶を入れにいくだけでも手元が暗いので照明をつけなければならないくらいでした。

 そこでキッチンを中心としたリフォームをすることにしたのです。リフォームをお願いしたのは、地元大分リフォームを中心にやっておられる工務店です。うちから車で30分かからない場所にあり、打ち合わせにも行きやすかったです。

 我が家は古い住宅のため、独立したキッチンと居間、その奥に応接間という間取りでした。まずキッチンを囲む壁を抜いてもらいオープンにすることに。これだけでもキッチンが明るくなることは明確でした。居間では座卓をおいて食事を取り、団らんもここがメインの場所でした。リフォームを機に食事をするスペースとくつろぐための場所を分けてもらうこととなりました。応接室と居間を隔てていた壁をくり抜いて半透明ガラスの入った引き戸をつけてもらいました。安易に柱を省くことができないとのことで、引き戸となりましたが、開けておけばLDKとしての広がりが保てます。以前の間取りに比べれば画期的に変化しています。全体的に閉鎖感がなくなり、広く明るく過ごせているので今はとても快適です。

 キッチンですが、念願の対面式にしてもらいました。コンロ側の壁の一部はそのまま残してあります。壁側には手持ちの食器棚が納まる範囲で造り付けの吊り戸棚を一面に取り付けてもらっています。ここには主にあまり需要のない物をしまっています。新しくきたシステムキッチンの収納の便利さには感動しました。また背の低いわたしに合わせて高さやシンクの奥行きが選べたのもいいですね。以前より格段作業がしやすくなりました。

 出費にはなりましたが、リフォームしてよかったと思いました。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in リフォーム

 

キッチンは大丈夫かな

17 7月

特に問題なく使っているキッチンですが、先日の一件で少々心配になってしまいました。

勤務先の人に相談をしてみると

「今のリフォームはオール電化だよ。お風呂とキッチンを一緒にリフォームしてエコキュートとIHクッキングヒーターを入れるのがいいんじゃない?キッチンや公団流し台の特集をしているサイトもあるから見てみると良いよ。」

と教えてくれました。

オール電化か・・・。

工務店の集客の時にもよく使われたりしているので考えていないわけではありませんでした。

でもどうしてもIHクッキングヒーターに抵抗があって自分の家で使いたいとは思っていないのです。

どんな抵抗があるのかというと、電気は発電所で作られます。

そこから各家庭に送られて来るわけなのですが、発電時に燃料を使います。

そして、足りなくならないように十分な発電量を保つため、電気を過剰に発電し、余った分はとっておけないので捨てるんだと聞いています。

それって本当にエコなんでしょうか?

それに電磁波の問題。

アメリカではIHクッキングヒーターは電磁波の安全性が解決していないのでまだあまり普及していないと聞いたことがあり、そこも不安でした。

そして何より不安なのは火が見えないこと。

おばちゃんだなあと思いますが、スイッチひとつで熱が出る、そして調節もスイッチとかレバーとかでできるって言うのがどうしてもわからないんです。

体験に行っておいでとよく言われるのですが、揚げ物には向くけれど、炒め物には向かないとか聞いてしまうとなかなか足が向きません。

今のままで不自由はしていないんだけれど・・・。

まだ壊れたわけではないので検討を続けたいと思います。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in リフォーム