RSS
 

Archive for 1月, 2016

間取り

19 1月

家造りを始める中でまず決めなくてはいけないのが間取りです。この間取りによってその住宅の暮らしやすさが変わってきます。間取りを決める際には動線に配慮しましょう。動線に沿って間取りを決めることで、住宅内の無駄な動きを省くことができ、動きをコンパクトにすることができます。この動線には生活動線と家事動線があります。専業主婦である私が特に重視したのは家事動線です。

横一直線の家事動線を取り入れました。キッチンを中心に右側にはダイニング、左側には洗面室を配置しました。キッチンとダイニングを真横に配置したことで、食事の支度が格段に楽になりました。完成した料理を配膳するにもキッチンから2、3歩の移動で配膳が行えるのでキッチンとダイニングの行き来も苦になりません。横移動で移動のしやすさも高まっています。

またキッチンとダイニングを横並びにしたことで、家族にとってキッチンの存在がより身近になっています。食後お皿下げを積極的に手伝ってくれるようになりました。そして家事をする上で一日何回も行き来を行う、洗面室も横に配置したことで家事の効率が非常に高まっています。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うことも多く、同時に二種類の家事を行いやすくなりました。

このように家事動線を短く、そしてスムーズに行き来できるようになったことで家事やしやすく、負担に感じることも減りました。このように家事動線に配慮することで家事が楽しく、効率良く行えるようになったのです。動線に配慮して暮らしやすい家を実現しましょう。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in