RSS
 

Archive for 5月, 2015

廊下は動線

20 5月

住まいを新築する時、限られた広さの中で、ゆったりとして、快適な居住スペースを確保することが重要になります。
しかし、居住スペースを出来るだけ広く取るには、適当な場所に適当な広さの収納を確保する工夫が必要です。また、家族が快適に仲良く暮らすためには、スムーズな生活動線や家事動線を考えることが不可欠です。

動線を考えていく時、廊下と階段がクローズアップされますが、かなりの広さを取る割に、動線にしか使うことができない空間で、とてももったいないです。廊下や階段に収納を考えていくと、かなりの収納量を確保することができます。

私の妹が住まいを新築した時、そんなに広い土地を確保することができませんでしたが、家族は夫婦と娘が2人に、御主人の母親が一緒に暮らすことになりました。1階には、LDKと水回りだけでなく、玄関ホールから真っ直ぐに伸びた廊下の突き当たりに、母親のプライベートルームを作りました。

廊下の北側には、トイレや洗面脱衣所やバスルームの水回りを作りましたが、廊下の南側にはLDKの壁があります。母親のプライベートルームだけでは、充分な収納がとれませんでした。
そこで、母親の本や子ども達の絵本、それに、
書道の道具などを収納できるように、オープン棚を作りつけました。
一目で何があるか分かるように、あえて、オープン棚にしました。
かなりの収納量になりましたので、部屋がすっきりしました。

しかし、ある日、大きな問題が起きました。地震が起きた時、廊下に本などが落下して、廊下に散乱してしまいました。花器なども収納していたので、われた破片が散乱してしまい、避難する時、大変なことになってしまいました。
本来、廊下は動線です。それが確保することができないようでは、災害時に、非難することもできなくなってしまいますし、モノが落下して、散乱してしまっては、大きな怪我もしてしまいます。
引き戸をつけて、地震の時にも開かないように、工夫しておかなくてはいけなかったと反省しています。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in