RSS
 

Archive for 3月, 2015

ママの居場所

29 3月

ママは家事に育児に、外で仕事と毎日慌ただしく過ごしているという人が多いでしょう。
私は専業主婦です。
小さい子どもを抱え家事や育児をしているだけで一日があっという間に過ぎてしまいます。なかなか自分の時間を確保することなどできません。

そんな我が家も新築住宅を建てます。
その住宅では家事や育児に追われるのではなく、自分の時間を大切にできる居場所を設けたいなと思っています。
ママのための居場所があることで家に居る時間をより楽しむことができ、家事や育児にストレスを感じることがなくなり住宅への満足度も高まるのです。

私はこのママの居場所をキッチンにしようと思っています。
それは私が一日の大半をキッチンで過ごすからです。私だけでなく多くの主婦がそうなのではないでしょうか。
長時間過ごすキッチンにホッと安らげる自分だけの空間があると便利だと思います。
家事の合間にお茶をする空間としても活用できます。

また家計簿をつけたり、パソコンで夕飯のレシピを検索するにも最適です。
このママスペースで検索したレシピを見ながら料理をすることもできるのです。
また私の趣味はネットショッピングやブログを見ることです。
束の間の休息に子どもに邪魔されることなくパソコンで趣味の時間を楽しめるのです。

ママスペースで過ごしながらもリビングやダイニングにいる家族の様子が目に届くようにしておくことが一つのポイントです。
自分の時間を楽しみながら、きちんと子どもの様子が把握できれば安心です。
子どもにとっても親が見える場所に居れば安心できるものです。
家事に育児に仕事に忙しく過ごす女性もこのような自分の居場所があればストレスを感じす過ごせる家になりそうです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in

 

小上がりの和室

04 3月

先日訪れた友人宅にはリビングの一角に小上がりの和室が設けられていました。
我が家も新築住宅を建てるのですが、その友人宅の和室を見て我が家も小上がりの和室がいいなと思い始めました。

友人に小上がりの和室の魅力について聞いてみました。
まず小上がりにすることで腰をサッと下ろせる便利な和室空間になることです。
フローリングの床に腰を下しにくいものです。
家族がソファを占領していたら腰を下ろす場所に困ることもあるでしょう。

リビングの一角に設けられた和室を小上がりにすることでこの和室が腰を下ろすには最適の場所になるのです。腰を下ろしてくつろぎながら、そのままごろんと横になることもできるのです。腰を下ろしていてもサッと立ち上がりやすいのも小上がりの和室の魅力だと思います。

また小上がりにすることで畳下のスペースを有効活用させ収納スペースを設けることができます。リビングに繋がった和室に収納スペースが設けられればリビングの物を片付けられスッキリしたリビングに仕上げることができます。

また洋風のリビングと和室が繋がるとデザイン性にも配慮しないと違和感が出てきます。しかし小上がりにすることで洋風のリビングと和室に緩やかな区切りをつけることができ、違和感を感じにくくなるのです。

小上がりにすることでこんなに魅力ある和室空間になると思っていなかった私は大変魅了されました。
和室は日本人であれば必ず一室は設けたい空間です。
それをより居心地のよく最高の空間にしたいものです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in